薄毛治療で脱毛と薄毛を改善しよう

subpage01

男性の薄毛はAGA(男性型脱毛症)、加齢、ストレスなどが原因といわれておりそれぞれの症状に応じた治療方法があります。


男性の薄毛で特に多いのがAGAによるもので日本人男性の3人に1人がAGAに悩んでいると言われています。


症状に気づいたら早急に薄毛治療を行うことが薄毛改善の重要なポイントです。AGAが原因でおこる薄毛治療は内服薬や外用薬などの薬物治療、注射や手術を行う治療方法があります。

内服薬は脱毛改善効果があるプロペシアやザガーロ、外用薬にはミノキシジルが使われています。
これらの薬は病院の皮膚科や発毛外来で診察を受けると処方して貰えます。



内科でも内服薬を出しているところがありますが、AGAが原因の薄毛治療には専門的な知識が必要ですから専門医がいる病院で診て貰うことが大切です。
AGAや薄毛専門の治療クリニックでは、毛髪の中にある幹細胞から抽出した成長因子を頭皮に直接注射して発毛や育毛を促す薄毛治療もあります。
毛根には髪を作り出す働きがある毛包という組織があります。


成長因子はこの毛包を刺激して発毛と育毛を促す効果があります。



また、健康な髪を作るために必要なアミノ酸やケラチン、ビタミン類などの栄養素が配合されたカクテルを頭皮に注射します。

成長因子とカクテルを月に1回ずつ半年間注射することで、産毛のような髪が太く強く元気な髪に生まれ変わることができます。この治療は加齢が原因の薄毛にも効果がありますので、悩んでいる方は医師に相談してみましょう。